U-9(8期生)

オルテンシアU9 vsオルテンシアU10 紅白戦

國學院大学相模原グラウンドにて
vsオルテンシアU10との紅白戦を行いました。

設営、撤収、審判にご協力を頂きました
保護者の皆さまありがとうございました。

TRを通じて自分が感じたものをベースにポジションを決め
前日TR終わりにまず「諦めないこと」これだけを伝えて
実際に戦ってもらいました。

どうだったでしょうか?

3本目あたりでスタミナ不足により
走れない選手や戻れない選手がちらほらいましたが
「諦めない」に関してはギリギリ合格ラインでしょうか?

判断、技術的にはまだまだ足らないところが沢山あります。
また、走って、戦うところもまだまだです。
普段のTRをいかにゲームで起こる強度に近づけるのか?
それを実現するには、選手一人ひとりの意識に掛かっています。
TRにきちんと気持ちも持って来てください。
次回以降のTRを楽しみにしています。

さて話は変わりますが…
U10の選手にはU11とも紅白戦してもらいましたが
U9の選手の相手もしてもらいました。
U10の選手にU9と紅白戦しても練習にならないといわれました。
すごく悲しい気持ちになりました。

ゲーム形式のTRでプレーすることで
状況判断の質は高くなると思っています。
そんなことを言ってしまえる選手は
判断ミスなくすべてプレーを成功させていたのでしょうか?

U10の選手と紅白戦をしたU11の選手はどう思っているのでしょうか?
自分達は強度のある試合をU11にしてもらっているのに
U9には胸を貸せないと
自分達だけ、自分だけ良ければいいという考えかたでは
おそらくチームスポーツは戦えないと思います。

どんなゲーム、TRでも必ず得られることはあります。
どんな相手にでも全力で今できる最高のプレーを表現して欲しいと思います。
それをコーチは見ていますし、やれることが増えていくのを楽しみにしています。

今後も下のカテゴリの選手達に紅白戦では胸を貸してください。
全力でボコボコにしてほしいと思います。
そういうチームに、そういう選手になってほしいと思います。

最後にU9では一緒に戦ってくれる選手を随時募集しています。
随時体験できますのでご連絡をお待ちしております。

-U-9(8期生)

© 2021 FC HORTENCIA Jr.